2009年11月08日

マップチップ

レトロゲームではアクション、シューティング、RPGなど
色々なゲームで使う事になるマップチップとスプライトの実装を始めました。
基本的な構造はCLDC 1.1+ MIDP2.0のLayerManager関係を参考にしてます。
なぜMIDPを参考にしたかというと、最近auの端末でオープンアプリを
弄っていたのですが、ゲーム用のクラスが充実しているし
構造も洗練されていたのでこれは使えるんじゃないかなと。

Microsoft Silverlight を入手
とりあえずマップとプレイヤーキャラの表示と当たり判定。
矢印キーで動きます。

まだまだ実装していない機能が残っているので
これからコツコツ作っていこうかなと思ってます。
あとSilverlight 4 betaの発表が近々来るみたいです。
楽しみだなぁ〜
posted by Rael at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。